NaviBridgeとは

NaviBridgeはスマホで探した地点をワンタッチでカーナビに送信し、
目的地に設定するアプリです。iOS版とAndroid版があり、共に無料です。

NaviBridgeでできること

キーワードや住所で行き先を探し、対応カーナビに送信できます。
3rd Party製のアプリやOS標準のマップアプリで探した地点を受信できます。
探した地点は、ブックマークや連絡先に保存できます。
お好みの地点を選んで、ルートを作成できます。
地点情報をメールやSNSでお知らせできます。
友達とグループを作って、お互いの居場所を共有できます。

カーナビとの接続について

NaviBridgeで選んだ地点をカーナビの目的地に設定するには、USBによるケーブル接続と、Bluetoothによる無線接続の方法があります。

NaviBridgeの入手方法

アプリストアで"NaviBridge"で検索するか、こちらのQRコードから

よくあるご質問

対応カーナビ・対応スマートフォンに関するご質問
回答
NaviBridge自体にナビゲーション機能はありません。
スマートフォンとカーナビをつなぎ、 スマートフォンで探した目的地をカーナビに送るためのアプリケーションです。
回答
NaviBridgeは日本では「NaviCon」という名前でリリースしています。
機能的には同一のアプリです。
回答
NaviBridgeに対応したカーナビでないと接続できません。
詳しくは対応カーナビ一覧をご確認ください。
回答
対応スマートフォン一覧に、動作確認済みの機種を紹介しています。
ここに掲載されていないスマートフォンでも大半の機種でインストール可能ですので、お試しください。
回答
NaviBridgeとカーナビを接続するには、カーナビがNaviBridge用の通信に対応している必要があります。
このため、NaviBridgeの修正では、非対応のカーナビを対応カーナビにすることはできません。
カーナビとの接続不調に関するご質問
回答
Bluetooth接続には、『ハンズフリー通話 (HFP) 』、『音楽再生 (A2DP) 』、『データ通信(SPP) 』の3種類があり、カーナビ側で個別に接続設定が必要です。
NaviBridgeは『データ通信』を用いますので、『データ通信』を接続できる設定になっているかをご確認ください。
また、Android端末をご利用の場合は、NaviBridgeアプリにて接続対象のカーナビを選択することが必要です。NaviBridgeのメニューボタン⇒[設定]⇒[接続先設定]から、お使いのカーナビが選択されているかをご確認ください。
回答
スマートフォン内のシステム情報に不整合が生じている可能性があります。
ソフトリセット(iOS)もしくは端末の再起動(Android)をお試しください。
ソフトリセットや端末の再起動をしても接続できない場合は、カーナビとスマートフォンの間で不整合が生じている可能性があります。
その場合は、次の質問の回答も参考にしてください。
回答
以下の設定をご確認ください。

・スマートフォンのBluetooth設定がオフになっていませんか。
・カーナビのBluetooth設定がオフになっていませんか。
・カーナビのスマートフォン連携機能がオフになっていませんか。
・Android端末の場合は、NaviBridgeのメニュー⇒[設定]⇒[接続先設定]にて、お使いのカーナビが選択されていますか。
・スマートフォンのBluetooth設定で、登録機器一覧からお使いのカーナビが削除されていませんか。
・カーナビのBluetooth設定で、登録機器一覧からお使いのスマートフォンが削除されていませんか。

これらの設定が正しい場合は、何らかの原因により、カーナビとスマートフォンの間で不整合が発生して接続に失敗しています。スマートフォンとカーナビの両方から接続機器情報を一旦消去して、再登録してください。
動作・機能に関するご質問
回答
NaviCon Ver6以降、「ブックマーク」は「お気に入り」に変わりました。より詳細な地点情報を登録でき、複数の端末で共有したり、友達に配布することができるようになりました。
回答
NaviCon Ver6で「お気に入りフォルダー」に登録した地点は、フォルダーの共有をONにしてURLを保管しておくことで、新しいスマホに引継ぎができます。
回答
お気に入りフォルダの共有/配布機能を利用することにより、新しいスマートフォンに引き継ぐことが出来ます。
その他のご質問

上記の回答で解決しない、あるいは上記以外のご質問につきましては、下記の「お問い合わせフォーム」からお問い合せください。
アプリストアのレビューに投稿されても、お答えできません。